子どもがいても在宅で稼げるんです!

31907669_480x455ママは子どもが大好き❤

子どもはママが大好き❤

 

これはいくつになっても変わることのない事実です。

母親は子どもの笑顔が見たいし、

子どもはママの笑顔が見たいもの 😀 

そのためにも、ママにはゆとりが必要だと思いませんか?!

心のゆとり、お金のゆとり、気持ちのゆとり、時間のゆとり。

 

そのすべての夢を叶え、ゆとりを得ようとしたとき、

母親と子どもの笑顔を作ってくれるのが、

インターネットで展開するネットワークビジネスで起業するってことなのです。


ママ社長になるには?!起業して子どものそばにいたい~!

ママ社長になろう!

起業しようと思う切っ掛けって色々だと思うんです。

 

パートタイムやアルバイト、正社員での雇われでは

子どもの行事に合わせての時間の都合も付きにくく、

収入を追えば時間がなくなり、

時間を追えば収入が減る。

 

それがママと子どもと、社会の現実ですよね。

そんなの嫌だ!無理~っ!なんて思ったことのある人は

きっと起業素質があるのでは?!

 

ママにだって、自由な時間と自由なお金と、

稼げる場所と、そして子どもとの時間が必要です!

 

そこで、在宅で起業する!

そして社長になってしまえば、仕事時間は自由に決めれるので

「ママ社長」になると決意する女性もきっとたくさんいるのでしょうね。

 

また、好きなことをして、在宅で稼ぎたい。

好きなことを仕事にしたい。

子どものそばにいながら稼ぎたい。

趣味を仕事に!!

 

そんな、”好きを仕事に”夢を追いかける

輝くママもいますね。

 

自宅でお料理教室やサロンを開いちゃう女性。

サークルなどを頑張るママ。

オフライン起業をしちゃっている輝く主婦もたくさんいます。

今は女性が起業って普通ですもの~。

 

起業は大変っ!かもしれませんが、

やってみると案外楽しく、人生が有意義に輝くかも❤

 

ママ社長になるために必要な資金は?!

 

46456455ママ社長になるには、実際にはいくら必要なのか?!

これには、実は回答はないんですよね。ピンキリです!!

 

インターネットなどを使ったり、店舗を持たない移動販売だったり、

本当にいろいろな種類の起業がありますので、

実際にいくらかかるかなんてものによりますが・・・

ママが起業するんだから安いに越したことはありません♪

 

でも実際には、一番安いインターネット上で起業したって

サイトを上位表示させることなどには時間と

お金がかかることもありますし、

オフラインで自宅保育園やサロンなどをするにしたって

色々お金がかかります。

 

お料理教室起業でも、準備に最低限のお金はかかりますので

起業には、最低50万円くらいは掛かると思っていると、

思いのほか安くすむこともあるかも?!

でもでも、100万くらいかかるケースも!!

起業資金はきっちりと把握してから決意することを

おススメします~っ!!!

 

私もインターネットで起業していますが、

0円起業じゃありませんでした。

 

ビジネスとしての必要最低限の出費は、

お金を回すためにも必須♪

最初はきついよ・・・まじで・・・・

 

稼ぐために始めたのに毎月赤字だもの。

これはキツイ!けど・・・・

今はそれ以上の収入があって元が取れた上に

毎月プラスだからいいのさ。

 

女性の起業、主婦の起業である以上、

最初から爆発的に稼げるなんて

甘い夢は捨てること!!!

 

好きなことを仕事にするなら、どんな苦労が続いても

好きなことを貫けるだけの大好き♪が必要ですね。

 

インターネット起業なら最高10万円程度?!

kodomoちなみに、インターネットでの起業の場合、

だいたい、10万円~20万円見ていれば、

情報商材代金やインターネット代金。

製品代金やその他もろもろの筆記用具やコピー用紙代。

 

ドメイン代やサーバーレンタル代金など、

稼げるようになるまでに必要な経費、初期費用代金として

利用できるのではないかな~。

 

どうしても無料で手に入れる情報には

限りがあるから、有料商材や有料セミナーにも

行きながら稼ぐ人もいますから!^^

 

将来はセミナー講師、とかね♪

セミナーに行くのも夢があっていいですね~。

ママの育児セミナーとかも・・・・稼げるネタなんです。

つまり、ママが起業するには、

そのままの自分で起業しちゃうのが一番なんですね。

 

何事も個性とガッツで

雇われ人生からの脱出が出来る。

そのきっかけが、インターネットだったから

インターネットビジネスって

どんな夢も叶えてくれる素敵なツールになるんでしょうね。

 

 

seiko

 

 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ